【肛門痛.com】〜治療について〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
coumon2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは肛門痛について、肛門痛の治療を詳しく説明しています。

肛門痛の治療で最も重要なのは、痛みの原因がどんな病気からくるものか特定し、その病気を根本から治すことです。独自で市販の痛み止めなどを服用するといった痛みを抑えるだけの対症療法を続けても、ほとんど解決には至らないでしょう。しっかりと専門機関にて診断・治療を行うことが大切です。

しかしこれらはあくまで原因が特定できる症候性肛門痛の場合においてです。原因が分からない無症候性肛門痛の場合は、診断も治療も非常に困難になります。
無症候性肛門痛では、食生活の改善、排便習慣の改善、運動不足の解消、ストレス解消など、生活環境を変えることなどが勧められます。それに並行して鎮痛薬などの内服、座薬をはじめ、鎮痛薬や副腎皮質ホルモン剤を加えた注射で、仙骨神経ブロックを行います。さらに、精神安定薬や抗うつ薬の内服などが効果的なことがあります。外科的には、肛門挙筋の一部を切離して、筋肉の痙攣をとることも行われています。


⇒ 肛門痛とは

⇒ 原因と病気

sponsored link



【肛門痛.com】TOP

copyright©2014  【肛門痛.com】〜原因・病気・治療〜  All Rights Reserved