【肛門痛.com】〜消散性直腸肛門痛〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
coumon2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは肛門痛の原因となる病気、消散性直腸肛門痛について詳しく説明しています。

消散性直腸肛門痛とは、何の前触れもなく突然に激しい肛門痛が生じる病気で、多くは夜間に発生し、数秒だけで終わるものから数十分と続くものまで様々です。また痛みと同時又は痛みが収まった後に、便意を催すことが多いのも特徴的です。

消散性直腸肛門痛が起こる原因は色々な説があり不明な所が多いのですが、仙骨神経症候群と同様の部分が多いことから、現在ではこの病気に分類されることも検討されていて研究が進んでいます。

治療は、まだ原因が分からないことが多い為、対症療法としての薬物治療が基本となります。ただし消炎鎮痛剤はあまり有効ではないことも多く、どちらかというと抗うつ剤や抗不安剤の方が効果がある事も多いことが報告されています。また、仙骨神経に対して神経ブロック注射を行うことも効果が高いという報告もあります。


⇒ 特発性肛門痛

⇒ 肛門挙筋症候群

⇒ 仙骨神経症候群

sponsored link



【肛門痛.com】TOP

copyright©2014  【肛門痛.com】〜原因・病気・治療〜  All Rights Reserved